13237585_594613540702361_4886020891472266991_n


──── O脚だとヒザに均等に体重がかからない


ちょっと画像を見てみてください。左ヒザのところに模式的に骨の図が書き込んでありますが、O脚だとヒザより上の骨(大腿骨)と下の骨(脛骨)が左ヒザの内側でぶつかりやすくなっているのがお分かりになると思います。 

つまりO脚だとヒザの内側にばかり体重がかかってしまうのです。均等に体重がかかっていればまだヒザの負担は小さいのですが、 O脚だとどうしても骨の一部に体重がかかってしまうためヒザが変形しやすいと考えられるのです。


──── X脚も同じようにヒザを痛めやすい

今回はO脚をテーマにお話ししていますが、このお話はX脚でも全く同じです。X脚でも骨の一部に体重がかかる状態になってしまうために、やはりヒザを痛めやすくなってしまう のです。

そう考えるとO脚でもX脚でもなく、ちょうどいいところで体重をかけるようにするのがいいのですが、 それがなかなか難しいものなのですよね。