819678


━━━━ 少ない筋力で体を支えられますか?

どれほど体を鍛えた人でも、ある程度の年齢が過ぎれば筋力は衰えていくものです。
こうなってしまった時でも体を上手に支えるためにはどうしたら良いのか?
シニアの世代の方には切実な問題だと思います。
歩く、筋肉トレーニングをする、ストレッチをする、ヨガをする。
どれももちろん正解です。
しかし本当にそれだけでいいのでしょうか?


━━━━ 筋肉の代わりに体を支えられるものは?

少し考えてみましょう。
筋肉の力がなくなった時に、どうすれば体を支えられるのでしょうか?
筋力がないのですから、何か筋肉の代わりになるものを他に探さなくてはなりません。

筋肉の代わりに体を支えられるもの。
何でしょう?

ここで私がオススメしたいのは骨です。
上手にバランスをとって骨を利用できれば、筋力が衰えた時にも体を支えられます。
上手にバランスをとるための分だけ筋力があれば、体を支えられることになります。

どうですか?
上手に骨で立てれば、筋力はかなり少なくて済みそうですよね?


━━━━ 骨を使って立つことができるようになるためには?

いつまでも骨を使えるようにするためには骨粗しょう症には注意しておく必要はあるかも知れません。

また、上手に骨で立つことができるようになるまでに相応の時間がかかるものです。
当たり前ですが、練習が必要です。
ですから「練習なんてしたくない!」という方には不向きです。
でも、ご自分の体と向き合うことを楽しめる方には目からウロコの方法かも知れません。

骨を使って立つ。
ご興味のある方は当院までご相談ください!