元気


自分の体のケアはできるだけ自分でおこないたい!
体の不調もストレッチや体操などで自分でできる範囲で調整して軽減できないかな?
こんな風に考える方が増えています。

私自身すでに少なく見積もって25年以上自分でおこなうケア(セルフケア)を続けてきて、いくつかの方向性が見えています。同じようにセルフケアに興味をお持ちの方のためにセルフケアの考え方についてポイントをお話していこうと思います。

 ・身体は緊張しているよりリラックスしている方が良い。

身体がリラックスしていると当然全身のコリが緩和します。その上、身体がリラックスしている方が呼吸が深くなるので副交感神経が優位となり、さらに脳みその働きも活性化されます。筋肉に力を入れないと体の姿勢を保てないなどと考えている方もいらっしゃるかも知れませんが、人は案外力を抜いても大丈夫! 上手にバランスをとりながら、骨をうまく利用してください。

 ・身体のポイントとなる部分のリラックス度や可動性を確認する

どこをポイントとするかは人それぞれでしょうが、ここであえて一押しするなら背骨。中でも首と腰(仙骨を含む)。そして、股関節と肩甲骨を含む肩です。付け加えるなら、手や足。

これらをご自分で動かしながら、リラックスさせていくことで脳みそも活性化していきます。やはり自分の身体は自分で活用することが一番大事!



セルフケアを考えるなら、マッサージはケアの主体とするより、運動やリラックスすることが苦手な場合などに身体と向き合う大きなヒントとして活用するのがオススメです。